AISのスタッフ HotakaAndo

AIS's Media Department

お互いの”なんとなく”で出来た居場所。

僕は法学部を卒業後、就職せずに法律事務所でのアルバイトを続けていました。
でも、就職した同級生たちとの差を目の当たりにして、遅ればせの焦りを感じるようになり、あるとき退職を決意。
その際、特にお世話になっていた社員さんから「あなたは文字で人に思いを伝えるのが上手だから、“なんとなく”広告とか記者とか向いていそう。」というありがたい言葉をいただきました。
調子づいた僕は、すぐにアルバイト求人の「広告業」の欄にチェックを入れて検索し、その中から“なんとなく”AISを最初に選択して面接を受けることに。

物静かなタイプの僕は、選考基準のひとつだった「元気」を満たしていなかったようですが、現在は役員となっている当時の面接官の“なんとなく”によって、今ここにいます。

新人の感性、意見も取り入れてくれる社風。

とあるサイトのTOPページの改善を成功させられたことが、最も印象に残っています。
当時は入社してまだ間もなく、正社員を目指して修行中のアルバイトの身でしたが、早々に上司から信頼を置いていただき、大きなタスクを任されました。

濃密なミーティングを経て、自分なりの確信をもって練り上げた施策は運よく奏功し、そのサイトの流入数や収益性を向上させることができました。
自分の興味のあるテーマを扱ったサイトではないのですが、今ではすっかり愛着が湧いてしまっています。

あとは、仕事に関わることとして印象的だったのは、僕の意見をきっかけとした会社の休憩時間の変更です。
僕の入社当時のお昼の休憩時間では、近くのお店でランチをとるにしても、往復の時間を含めるとギリギリといった感じでした。
その考えを青山に伝えたところ、その翌週には休憩時間が延長されたんです。
いちアルバイトの意見がこんなに早く反映されるなんて、と驚いたことを覚えています。

AISのスタッフ HotakaAndo 新人の感性、意見も取り入れてくれる社風

仲間が安心して攻められる環境を守りたい。

下準備や確認作業を怠らないよう気をつけています。
僕はサッカーが好きなので本田圭佑の言葉を借りますが、彼は「勝負を決めるのは準備」と言っています。
また、サッカーの戦術においても「良い攻撃は良い守備から始まる」とよく言われます。

目標の達成を目指すときは大抵、プラス要素を掴むことから考えがちですが、きっと、マイナス要素を予防することも同じくらい重要です。
サイト運営においては、不具合が起きないこと、つまり何もないことが成果だったりもするので。

もちろん、時には攻めることだけを考える局面もあるでしょうが、普段はまず、自分や仲間の踏ん張りが利くための足場固めを念頭に、抜かりなく業務をこなすよう意識しています。

AISのスタッフ HotakaAndo 仲間が安心して攻められる環境を守りたい

AISのスタッフ HotakaAndo “なんとしても”という思いを原動力に

“なんとしても”という思いを原動力に。

現在は、複数のサイト運営と並行して、新しく入社した後輩の指導も行っています。
また、目まぐるしい業界の変化に遅れをとらぬよう、新しい業務をこなすための態勢を整えているところでもあります。

やりがいを感じるのは、やはり売上に貢献できたとき。
会社のためになるのはもちろんですが、広告によって、顔の見えない誰かの役に立ったと感じることもできます。

また、最近は、自分も関わった採用業務によって新しくチームに加わった仲間が日々成長している様子を見ると、これからの可能性を感じてワクワクした気持ちになります。

チャンスの多い環境だからこそ、各々が「会社を大きくすること」から逆算して立ち回ることもでき、そこには大きなやりがいを感じます。
もともと出世欲のなかった僕ですが、AISに入社してから、いくらか野心的になったかもしれません。笑

どんな目標であれ、“なんとしても”達成できるよう知恵をしぼって、着実に歩みを進めていきたいです。

BACK TO AIS STAFF TOP

JoinOurTeam AIS

AISにENTRYする