自分が作りたいものを作る

Yuri

Q.会社に入るきっかけ

元々デザインの専門学校に通っていたのですが、絵の専攻だったのでWebデザインは全くできませんでした。かと言って絵で仕事をするのは難しかったので、就活で受けていた職種は全て一般事務でした。

その時は仕事に対してあまり深く考えていなかったのですが、面接をして色々な会社の人と話していく中で「本当に自分はこの仕事がしたいのかな?この会社で働きたいのかな?」という疑問を抱くようになりました。色々考えていくうちに、自分は文章を書くのが得意でもあり、好きなことだと思ったのでこれを活かせる会社で働きたいと思いました。

AISで1日体験で入社をしたのですが、仕事を丁寧に教えてくれたところだったり、社員の人と距離が近く、話しやすいのもあってAISで働きたいと思いました。

Q.1日の仕事内容

私の主な業務は広告配信のための画像や動画作成、記事作成などクリエイティブなものを作っています。広告は配信した直後からリアルタイムでユーザーの反応が見れるので反応が悪いものから作り直しをします。

各チームで仕事をしており私のチームは3人なのですが、それぞれの得意分野を活かして仕事が出来ていますね。少人数なので意見もハッキリ言い合えますし、それが結果として出てくるのはとても嬉しいです。

元々文章を書くのを目的としてAISに入りましたが、仕事をしていくうちにフォトショやイラレ、プレミアを使うようになったので今は色々なものを作れるようになってとても楽しいですね。

Yuri @Social Advertising Team Chief
得意分野を活かして仕事が出来る楽しさがありますね。

Q.この仕事で嬉しかったこと、大変だったこと

自分のチームが広告をやり始めたばかりの時は思うような結果が出ない日々が続いていたので、初めて収益を上げれた時はチームみんなで喜びました。その中でも自分が作った動画や記事から商品が売れると本当に嬉しいですね。

もちろんチームメンバーの動画、記事からでも嬉しいのですが、やはり自分が作ったものから売れるというのは自信やモチベーションに繋がります。

大変だったことは連休中の広告管理ですね。24時間予算を消化しているので、深夜に起きて広告をチェックして予算を消化しすぎていないかを明け方までチェックするのは睡魔との戦いでした(笑)

でも、それが出来たからこそ利益を上げることが出来たので今思うととてもいい経験になりましたね。

Q.会社の印象、雰囲気

とにかくみんなの距離感が近いです(笑)

私は社内で一番年下なのですが、AISに入って仕事をしている順で言うと実は中堅くらいの位置で、私より年上だけど後輩という人はワリと居ます。普通なら年上の人に仕事を教える、意見を言うのは気まずかったりしますが、私はガツガツ言ってしまいます(笑)

でもこれって普段距離感が近いからこそ言えることだと思うんです。距離が近くなかったらまともに意見も言うことはできませんから。

また、いい意味で男女の境目がないので、プライベートのこともほぼ毎日話しますし、ご飯に行ったりもします。仕事の時間以外は友達みたいな感じですね(笑)

求人採用のエントリーはこちら

求人エントリー