その一歩を、怖がらない。

Kazuki

Q.会社に入るきっかけ

元々大学では工学部に在籍しており、情報系の勉強をずっとしていました。

私の世代はSNS黎明期~ど真ん中。ずっといろんなSNSが身近にありました。1日中TwitterやFacebookを眺めていたことも...そうやってSNSが生活の一部になっていく中で、Web広告の存在を知り、興味を持ち始めました。

昔から新しいもの好きだったので、どうせなら最先端の東京で挑戦してみたいという思いが強くなっていってました。そんな折、知人から「知り合いがWebの人材が欲しいみたい」との紹介を受け、AISに遊びに行くことに。社内の雰囲気はとても良く、直感的にここで働きたいと思い、AISに入社しました。

Q.1日の仕事内容

社内で広告チームを組み、FacebookやYahoo、TwitterやLINE、その他様々なメディアに広告を出稿しています。その中で私はGoogleアナリティクスやヒートマップ等を基に情報収集を行い、エクセルや電卓片手に分析を行っています。一日中数字と向き合うこともしばしばです。

どうすればユーザーに興味を持ってもらえるか、クライアント様の予算内で最大限のパフォーマンスが出来るか、常に考えて話し合いの場を設けることが主な仕事です。必要があれば、実際に出る広告の面を作成したり、簡単なものですがプログラムを組むこともあります。写真を加工したり、こちらも簡単ですがイラストも作成したりします。

もちろん、クライアント様のところへ出向いて直接お話したりもします。

Kazuki @Taiwan Business Manager
次に繋げることが出来たときはこれ以上ない喜びを感じます。

Q.この仕事で嬉しかったこと、大変だったこと

自分がディレクションした広告が媒体のユーザーに受け入れられたときはやはりやりがいを感じますね。

店舗と違って、直接的なユーザーの反応は見られません。だからこそ、頭からひねり出した様々な方法で分析を行い、次に繋げていくことが出来たときはこれ以上ない喜びを感じます。

大変だったことは、広告は生き物ですので、飽きられますし、暴走したりもします。

どうチームメンバーで最適化していくか、少しの異変も見逃さないようにするかを考えるのも私の仕事なので、頭を抱えているところをよく見られます(笑)

Q.会社の印象、雰囲気

「明るい・早い・正直!」でしょうか(笑)メンバーはみんな若くて、ほぼ20代。25歳の私が年齢だけでいうと中堅の勢いです。。。

一口に年齢の影響とは言えませんが、流行に敏感であったり、レスポンスが早いのでとても清々しく、よりユーザーに近い感覚で仕事ができます。

また、全員が自分の意見を持っていて良い意味で遠慮が無いので、私自身いろいろなことに気づかされることが多々あります。

「先輩だから意見を言えない...」「この人には逆らわないようにしないと...」 そんなことは一切ありません。風通しが本当に良いなと思います。ほとんどが未経験からのスタートとは思えないくらい、自信に満ち溢れていますね(笑)

求人採用のエントリーはこちら

求人エントリー